相談

病気のこと

【メンターのすすめ】カウンセリングを受けるのは恥ずかしいこと? -相談出来る環境づくりの大切さ-

誰でも悩みを抱え、躓くこともある。そういった時のサポートをもっと気軽に受けられたら、精神的な病気にひとりで苦しんだり、ひとりで悩み続けてたことによる悲劇をもっと防げるのではないか。『恥』の文化がある日本では、悩みを抱えて生きることや相談することに抵抗感を持ちやすい。そういったことをみんなが自然に受け入れ、カウンセリングを病気と関係なく日常ともっと近い位置づけにすることで、予防にもつながりみんながより生きやすくなるのではないかと思う。そんなことを書きました。
病気のこと

日本とアメリカのカウンセリングの位置づけを比較して思うこと

日本とアメリカのカウンセリングの利用率と自殺率の反比例から、カウンセリングを受けたり精神科や心療内科にかかるハードルを下げ、そういったことをもっと身近なこととして、みんながメンタルケアの重要性への意識を高めることが自殺率を下げることや生きやすさに繋がるのではないか、という話。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました