スポンサーリンク
庭づくり-お庭 改造計画-

【花】ビオラの開花期はいつまで?切り戻しで長く咲かせる方法【6月】

庭づくり-お庭 改造計画-
この記事を書いている人の似顔絵と一言

こんにちは。hibikiです。

もう梅雨に入り、だいぶじめ~っと暑い日も続いており、紫陽花や段々と夏の花のシーズンに入ってきてはおりますが。

そんな中今日はビオラの切り戻しについて書きたいと思います(*^^*)❀

文中”切り戻し”と何度も出てきますが、切り戻しとはある程度咲き終わった花を半分~根本2割程度を残してバッサリと切ってしまい、その後の成長を促す手法らしいです✨✨

私も昨年ガーデニングを始めて知りました(^^♪

今日はそんな覚えたての切り戻しですがなかなかうまく行っているので記事にしたいと思います♪

ビオラっていつまで咲くの?

ビオラを育てている方は、私のように春にはもう鉢から抜いて植え替えてしまったり、もしくはいつまで咲いていてくれるのかな~とどこまで様子を見るか迷っておられる方も多いのではないでしょうか。

パンジー・ビオラあたりはホームセンターでもかなり安く購入出来ますので、”秋の終わりから春先まで”とある程度割り切って全部植え替えるのもそれはそれで次のシーズンの花が楽しめていいですよね✨

しかしせっかく元気にまだまだ咲きそうな花が残っていると、ちょっとうな垂れてきたくらいで終わりにしてしまうのはややもったいない気も・・・なんてことはありませんか?

考えるイラスト

私もまさに今年はそんな感じで・・・。

それまでも既に何度か切り戻して復活させてきたパンジー・ビオラさん達でしたので、もはやまた切って大丈夫だろうか…😨

という気持ちもあったりしましたが💦💦

なんとかもう少し咲かせられないかと、様子を見ながらこれで恐らく最後でしょう!といった感じで決行したのでした( ゚Д゚)

ちなみに調べてみたところ、ビオラの開花期は10月~5月あたりとされているようですね。

しかし家のように小さめの鉢でも育てていたりされる関東以南にお住まいの方は、パンジービオラを育てていて同じような経験があるのではと思いますが、最近は特に4月でも結構暑くなる日も多いからか結構早くに元気がなくなってきてしまったり、、といった感じで・・😢

それで今回の最後の切り戻しですが、その後一部は、一時は咲いたもののやはり暑さか寿命かダメになってしまったものもありましたが💦しかしです。

10鉢中7鉢分は、どうやらまだまだ今も元気に咲いているんです(((o(*゚▽゚*)o)))✨✨

こちら現在もとても元気に咲いているビオラの一部です♪

こんな感じでまだまだ行けそうですので、もし今もうそろそろ終わりかな・・・と思っている方はまだ早いですよ~!!!👀💦

是非ぜひ、抜きとってしまう前に、一度切り戻しをお試ししてみてください~!!✨

ビオラを切り戻して梅雨~夏まで咲かせよう

という訳で、切り戻しとその後の様子の記録を残したいと思います❀
切り戻しの様子は、もしやってみたい方は参考になればうれしいです(^^♪

うな垂れてしまったビオラたち💦

4月後半あたりから暖かさが増すにつれて段々とパンジー・ビオラがうなだれ始めたため、以前コチラの記事にも書きましたが、その後更に何度か切り戻しを行いました。

まずこちらの青と紫のビオラです❀

かなりのボリューム感で咲き誇っていたこちらのビオラたちでしたが

完全にぐで~~~っとうな垂れてしまっています😨💦💦💦

昨年も同様だったので、今年は暑くなってきた時には朝見に行く時にいつも大丈夫かな~とか思いながら水やりに行ったりしていたんです。

朝の水やりが少し遅い時間になってしまった日にはもう😨😨😨

やはり!

て感じでぐで~~~んとしてしまっている、といった感じでちょっとショボン…(´・ω・`)な感じになってしまっていたのですが。

しかし今年は諦めませんでした。

切ってしまうのをためらう場合は、水差しがオススメです✨

しかし茎が倒れてしまってはいるものの・・・

まだ花はしっかり開いているのも結構あるな~👀

とか思うとなかなか切れずにいたりするのですが、そこで水差しの出番です(*^^*)

こんな感じで水差しにしておけばかなり長くこのまま綺麗に咲いていてくれますので、家の中でも外でも鑑賞出来ていいんですねぇ~(*´▽`*)♡

以前知りあいのお花屋さんにこちらの方法を教えて頂いて以来、このように水差しをするようになってからは、バッサリと切ってしまうのももったいなくなくなりました~❀

切り戻し直後の様子

そしてバッサリと切り戻したビオラがこちら👀

切り戻しをしたビオラ

ちょっと分かりずらいかもしれませんが💦

白い丸で囲った箇所のように、根本の方から若い芽が出ている場合はこの後も育つ可能性が十分にあるようです(^^♪

ビオラの切り戻しのポイント

花も根本の方に近いものだけは切らずにそのまま残してみました。

ビオラの切り戻しのポイント

花のちょうど右下くらいに、この後育ちそうな芽が見えてますね~(*´ω`)

画像にも書きましたが、結局下の方の若い芽がこのあとぐんぐん伸びてきたので、結構長めのも少し残してみたのですが、この辺も切ってしまった方が後々の背丈がちょうどま~るく合う感じで育ってよかったのかもしれませんね👀

でもこの時はこれからすぐ咲きそうな蕾がいくつかついていたため、残したのでした。

切り戻しから数日後

この後数日したら、その影響がより顕著に見られました👀💦💦

ビオラの切り戻しをして再び咲いた様子

二本だけぴょこ~ん!と飛び出してしまっていますね~💦

でもこれはこれで可愛いかな?(*´ω`)なんて思いつつ(笑)

ま~るくこんもり育てたい方は思い切って切っちゃってもいいと思います(*^^*)

さらに1週間後

そしてこの1週間後にはこうなりました~👀✨✨

ビオラの切り戻しをして再び咲いた様子

まばらですが可愛らしくふんわりと咲いてくれました~(((o(*゚▽゚*)o)))♪♪

花数がチラホラまばらな感じなのも、このくらいの儚い感じといいますか、自然のままの感じを楽しむビオラもなかなか味があってよいなぁ~♪

なんて思っている私です(*´▽`*)

しかしこのビオラの全盛期はこんな感じでしたので・・・(左右逆に置かれていますが💦)

ビオラの切り戻しをして再び咲いた様子

気持~ち花びらが小さく、色も薄くなったかな???

という気もしないでもないですね👀

特に紫の方は切り戻し後、花の数もこの時はまだ少しだけ…💦

そんな感じでやはりこの時期はここから全開✨とまでは行かないか!??(゜-゜)

と思いつつ更に1週間様子を見てみましたところ・・・

さらに更に1週間後

ビオラの切り戻しをして再び咲いた様子

どうでしょう???👀

まだ紫の方の花数は少ないものの、青い方の花はだいぶ増えましたね(^^♪

緑もかなり生い茂っているので、もうしばしの間楽しめそうな予感です✨

さらに経過、6月半ばの様子

だいぶ花の付き具合がまだらだったところから、ここまでまたこんもりと咲くようになりました~✨

ビオラの切り戻しをして再び咲いた様子

ということで、今年は切り戻し大成功~♪ってことでいいでしょうか🎉🎉🎉

その他 最後の切り戻しに及んだパンジー・ビオラたち

他にも、茎がどんどん伸びてうな垂れてしまったものはすべて、最後の切り戻し作戦を決行しました~!!

みんなこれでもかってくらい中央から周囲にへし折れてしまっていますね~~~(;´Д`)

しかし先ほどのビオラ同様、こちらも元気に返り咲きました~♪♪

花の数はやはり左の濃いピンク~紫の花は全盛期に負けず劣らずで咲いていますが、他はまばらにはなってしまいましたが💦

ポツリポツリと咲いている様子もまたよし✨ですね~(*´ω`)

他にもイロイロと、切り戻し直後の写真がちょっと取り忘れてしまったようで無かったのですが💦

このようにみんな元気に咲いていますよ~(((o(*゚▽゚*)o)))

この最後のはかなりお気に入りのビオラです♡

紫と黄色のビオラ

花びらの色合いがとてもいいんですよねぇ~~~(*´▽`*)♪

もしかして夏越しも!???

そんな訳で、梅雨入りした今もまだまだ家の前で日々の楽しみと癒しを沢山くれるパンジー・ビオラたちでしたが、

もしかしたらやり方によっては夏越しも出来るかも!??👀✨✨

と、更なる期待を今かすかに感じつつ。

実際ビオラって夏を越せるものなのか、調べてみたいと思います。

日本では、いろんな季節ものの花が基本的には一年草”扱い”として出荷されているようですが、実はしっかり適切な気温や湿度管理が出来さえすれば、夏越しや冬越しが出来る花もあるようなので・・

もしかしたらビオラも?

という気もしますので👀

もし夏越し出来たら、2年目のビオラと、今年採った種から育てたビオラが同居する感じになるのでしょうか???✨

ちょっと夢が膨らんでしまいますね~♪♪

今から夏までがかなり勝負な気がするので、慎重に見守りたいと思います。

今日はここまでになります。

ここまで読んで頂きありがとうございました(*^-^*)✨

無料でイラストをダウンロードして使えるイラストACに
イラストを投稿しています。
よかったらブログやHPでご活用ください
m(_ _)m
※売上の一部を保護犬猫活動の寄付金とさせて頂きます。

ダウンロード

よろしくお願いいたします(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました