スポンサーリンク
blender

【3DCG】クロスシミュレーション【blender】

blender

こんばんは、hibikiです。

引き続きblenderです。今回はクロスシミュレーションを試してみました♪

前回作成したボディのメッシュに着せるように簡単に服を作成し、体にはコリジョンを設定、服にクロスの設定をします。

blenderはあらかじめいくつか布の種類によってプリセットが用意されているんですね。

どんな感じの布にしたいかによって、例えばコットンならコットンを選択して理想の動きになるよう各パラメータを微調整していくのがよさそうです。

いい感じに設定できたらパラメータをプリセット(New Preset)で保存しておくといいですね。

下のスクショはRubberを使ってみたものです。

最初はワンピースとして作っていたのですが、どうにも上半身が服が破壊されてしまってうまくいかなかったため上半身とスカートを分離し、今回クロス設定をしたのはスカートのみになります。

割りはこのくらいから更にサブでビジョンをかけているのである程度滑らかにはなりますね。

Rubberなので固めな感じが出てます。

上半身がうまくいかなかったのは結構三角割りが入っていたからか、ボディと近すぎるからか、、。

スカートの腰の部分と同様に、部分的に頂点を固定させているのですが、、、後で調べてみないとです。

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

追記 2020.10.26

後日もう少し詳しく設定を見て行き、服の作りもスカートと上半身のシャツと、シャツの袖との3つに分け、更にスカートに一枚シースルーの布をかぶせて二枚重ねのスカートにしてみました(*^^*)

まだテクスチャは作成していないのですが、簡単にマテリアルでカラーや質感設定だけするだけでも多少スカートの二重になってるレースの感じなんかはそれっぽく見えますね。

まだ靴を作っていないので裸足で可哀そうな感じですが(^^;)💦

二重のスカートも割と自然に動いてくれるのがうれしかったですね~✨

これまでクロスシミュレーションはunityと、Marvelous Designer(マーベラスデザイナー)でやってみたことがあるので、馴染みやすかったというのはあるかもしれませんが、

そうでなくても簡単にお試しできそうな感じはいいですね。

”縫合”という機能もあり、クロスシミュレーションを使って服のモデリングをしたりというのは、マーベラスのような感じでもありますね。マーベラスはもっと本格的にパターンから作成していく感じなのでリアルで服を作ったことがある人の方が入りやすいかと思いますが。

何をゴールにするか次第ですが、マーベラスよりはお手軽に始められる感じですね♪何より無料ですし(*´ω`)

●今回使ったクロスシミュレーションの設定

まずはコリジョンの設定です。

主に体に設定しますが、服同士もすり抜けてしまうと微妙なので、服にも一部設定しています。

それからクロスの設定です。

●クロス / コリジョン設定を削除するときは

コリジョンから消せず、消せない…!どこから…!??💦と一瞬なりました(^^;)

今回はmmさんの『mmCGチャンネル animetic』の、

【Blender 2.83 Tutorial】2重スカートアニメーションの作り方【クロスシミュレーション】のチュートリアル動画を参考に進めました。

クロス自体の形状は複雑なものではなくグリッドや円から作成出来ますのでモデリングは簡単です。

人のフリーのモデルを落としてきて着せてみたり、人型でなくてもテーブルクロスや旗など布の表現が複雑な難しいモデリング無しでもいろいろ簡単に楽しめますので、興味のある方は是非こちらの動画を見ながら一緒に進めてみてください♪

テーブルクロスのチュートリアル動画もありますね(*^^*)

簡単に始めたいからはこういうのから入るといいかもしれません。

また、ほろほろりさんのブログのこちらの記事も参考にさせて頂きました。

[Blender 2.8] 布の表現 [クロスシミュレーション] - ほろほろりドットコム
Blenderで、メッシュオブジェクトを布のように変形、シミュレーションするのに便利な『クロス』という物理シミュレーショ...

ほろほろりさん、とても分かりやすい解説ありがとうございますm(_ _)m✨

クロスについては一旦このくらいざっくりで終わりにして、次はUV展開に入りたいと思います。

今日はここまでになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました