当ブログについて

▼ プロフィールはコチラから ▼

hibikiってどんな人?
スポンサーリンク
blender

【3DCG】スカルプト【blender】

blender

こんばんは、hibikiです。

今年も引き続きコツコツ、blender技術習得に向けて学習を進めて行きたいと思います。

今回はスカルプトです。

スカルプトはテクニックの話になるとzbrush同様の部分もあると思いますがだいぶ内容膨らみそうなのと、今回はキャラクターアセット制作のblenderでの流れを一通り掴むことに重点を置いているため、あまり深入りせず、簡単に済ませたいと思います。

準備

まずスカルプトに入る準備をします。

スカルプトしたいモデルを複製し、メッシュを細かくします。

複製したのは、複製元のモデルが実機用で、

複製したモデルはテクスチャ作業用(スカルプトしたモデルから法線などの転写用)とするためです。

メッシュを細かくしたりローに戻したりするのに、モディファイアマルチれぞリューションを使います。

メッシュを細かくするのは細分化です。

分割されたワイヤーが表示されない場合は最適化を表示のチェックを外します。

(それでも表示されない場合はビューポートの表示設定と、モデルの表示設定でワイヤー表示にチェックが入ってるか確認。)

ワークスペースをスカルプトモードに切り替えます。

ここでひとつ問題が発生しました。

スカートの折り目まで丸くなってしまっています。

このように、分割するとなめらかになってしまうのを防ぐために、角張らせたい箇所はクリースをかけます。

クリースをかけた場合とかけない場合で、細分化した際にこのように変わってきます。

スカルプト

スカルプトモードでスカートにシワをつけて行きます。

左右対称に操作を入れたい場合はコチラ↓

ブラシはひとつひとつの説明は置いておいて、一番よく使いそうなものだけメモしておきます。

いろいろ雑ですが💦こんな感じで表面に簡単にシワを入れてみました。

今回はここまでになります。

シャツにもシワを入れたら転写してみようと思います。

スカルプターのための美術解剖学

コメント

タイトルとURLをコピーしました