当ブログについて

▼ プロフィールはコチラから ▼

hibikiってどんな人?
スポンサーリンク
動物 Love Life

【保護犬猫支援】個人でも出来る支援のかたち。



この記事はこんな人にオススメ
  • 保護犬猫たちの現状を思うと、自分にも何か出来ることをしたい!
  • でもそこまで時間もお金もない…
  • 何からすれば?
  • ちょうど愛犬・愛猫へグッズを買おうと思っていた
  • 少しでも多くの犬猫たちに幸せになってほしい

●犬猫の現状と問題について知りたい方はまずはこちらをご覧ください。

悲しい現実「殺処分」数 | 日本初・動物のためのオンライン寄付サイト
毎日105匹の犬猫が殺処分に イギリスやドイツに比べると、先進国の中では動物に対して成熟していないと言われる日本。「闇」の部分として、犬猫の殺処分があげられます。 ペットが高齢だから、離婚するから、子供がアレルギー、吠えるから、ブリーダー崩壊・・・、とさまざまな理由で行政に持ち込まれ殺処分されている現実があります。 減...
令和元年、犬猫の殺処分数は3.3万匹。数値規制もスタートする2021年は「調整」と「挑戦」の年へ。|井島 七海 | SYRUP inc.|note
2020年12月25日、犬猫の殺処分数値が更新されました。環境省の「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」では、2019年度(令和元年)に殺処分された犬猫は3万2743匹であったことを公開しました。 最新の数値と社会情勢について、保護犬猫マッチングサイトOMUSUBI(お結び)事業責任者の井島がまとめます。 犬猫...

こんにちは、hibikiです。

恐ろしいことにもう7月ということで、1年の後半にさしかかりました。

梅雨でじめじめした日が続いたり。

気温も急に真夏のような暑さになってみたり。

体に十分気を付けて、こんな時期はいつもよりなるべく敢えてゆっくり過ごす時間を多めにとりたいですね。

さて今回は。

動物好きとして、そして大の犬猫好きとして。

保護犬猫たちや保護犬猫活動をする人達に、個人でも出来る支援の形を紹介したいと思います。

前置きになりますが私は、個人としては微々たるものでも、個人個人のちいさな一歩、ちょっとした行動から少しずつ変わると信じて行動しています。

もし、”何かしたいけど何が出来るのか…”と悩んでおられる方や、”実際に保護活動に携わる余力はないけど犬猫たちの為に何か出来るならしたい”といった気持ちの方がおられましたら、その一歩がきっと犬猫たちの幸せな未来へと繋がると信じて、動いてみてください。

生活を犠牲にすることはもちろんないですし、まず自分の生活の基盤あってのものだとは思います。

基盤+でいろいろ他にやりたいことなどもあると思います。

それはそれで大事にして欲しいです。

しかし例えばですが、1か月にジュースを2本我慢すると月200円が浮き(半年で1200円、1年で2400円となります)、ジュース2本飲まなくても生きては行けるのでそれで助けのひとつとなるなら…!✨

と思うと自分にも何か出来るかもしれないって気がしてきませんか(*^^*)

もちろんこれはそもそも前提として”犬猫達のために何かしたい”という気持ちを持っていて、とは言えなかなか何をしたらいいか…何を出来るだろうと迷っておられる方へ向けた話であるので、その辺り、ご理解頂ければと思います。

意外と無駄に流れていってしまっているお金ってあるんですよね💦

自分も少し気を抜くとそうなりガチです💦💦( ;´Д`)

せっかく頑張って稼いだお金なので、なるべく隅々まで意図したように、自分が大事だと思うことに使っていきたい。そんな風に思います(*^^*)

それでは本題に入ります。

ペトことモール

ペトことモールは犬や猫と暮らす飼い主向けペットライフメディア『ペトこと(株式会社シロップさん)』が運営するショッピングモールです。

PETOKOTO MALL powered by BASE
Be a buddy, Be a friend.家族である愛犬や愛猫とともに暮らす160万人が集うペットライフコミュニティ「ペトこと」が運営するショッピングモールです。「ペットとの暮らしを素敵に楽しく。」をコンセプトに、愛犬や愛猫と心地よく過ごせる空間を彩るグッズをご提案します。「ペトこと」は以下のURLから

ペトことモールで寄付対象グッズを購入することで、売り上げの一部が動物保護団体へ寄付されます。

こちらで売っているグッズがなんともオシャレで素敵なんです♪

犬猫を飼い始めると、どんなにインテリアに凝っていても少しずつ犬猫グッズで埋まっていくというか、犬猫一色に染まっていく感じがあるのですが。

こちらのオシャレなグッズはそういった雰囲気が微塵もありません!

今hibikiが狙っているのはドッグスリング(猫には使えないかな・・・)と、

猫用ベッドです(*´ω`)

この、あまりの可愛さ・・・!

猫への愛猫・愛犬への愛が更に深まること間違いなしですね(#^.^#)♪

  • 保護犬猫の支援が出来るなら自分も何かしたい…!
  • ちょうど愛犬・愛猫に何か買ってあげたかったところだった
  • 犬猫グッズも含めて部屋はオシャレに過ごしたい♪

こんな方は是非ペトことモールを覗いてみてください♪

ペトことやペトことモールを運営されているシロップさんは、他にも世界中の犬や猫そして共に暮らす人達の幸せなペットライフに繋がる様々なサービス開発に取り組まれています。

  • OMUSUBI(保護犬猫と里親を結ぶマッチングサービス)
  • PETOKOTO(犬や猫と暮らす飼い主向けペットライフメディア)
  • PETOKOTO FOODS(※新しいフード開発と売上の一部を犬猫保護団体へ寄付する取り組み)
  • ペトことクリニック(企業向けペットのネット相談窓口)
  • HONEY(ペットの思い出保存アプリ)リリース(2017年7月サービス終了)
  • どこでもstudio(プロカメラマンによる愛犬撮影サービス)

犬猫が好きな方や犬猫保護活動にご興味のある方は是非ホームページを覗いてみてください♪(*^^*)

PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)

PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)も売り上げの一部がOMUSUBI登録の保護団体さんへ寄付されます。

カスタムフレッシュドッグフード|PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)
鹿児島県産和牛や黒豚、安納芋などの新鮮な国産食材を使用した無添加のプレミアムドッグフードです。世界に95名しかいないニュージーランドの栄養学専門獣医師が監修。全犬種全年齢対応。最低限の加熱調理で瞬間冷凍でお届けするため、人間も食べられる美味しい手作りごはんです。質問に答えるだけであなたの愛犬に合ったレシピやカロリー量で...

ペトことフーズのドッグフードは、これまでのドライフードともウェットフードとも違い、フレッシュフードと呼んでいるそうです。

”ヒューマングレードの原材料を理想的な栄養バランスで配合し、調理後すぐに冷凍保存した新鮮で瑞々しいフードです”との記載がありますが、栄養素と栄養バランスについて、それからそれだけでなく香りと美味しさをかなり考えられて作られているようです。

また、それぞれのワンちゃんに合ったフードをカスタム出来るのもいいですね♪

犬を飼っている方は是非、まずはコチラからフード診断をお試ししてみてください(*^^*)

amazonの動物保護施設支援プログラム

もうひとつはこちら。

保護団体さんが募集している支援物資を、個人が直接気軽に簡単にお送りやすい仕組みが組まれた、amazonの動物保護施設支援プログラムです。

登録している団体さん一覧が見れますので、そこから支援する団体さんを選びます。

欲しいものリストで必要なものが分かるのがいいですね。

コチラから支援したい団体さんを選び、欲しいものリストから寄付する商品を選んで購入して送ると、保護団体施設へ届きます。

数百円の猫缶などから寄付することが出来て、個人でも支援しやすい形になっていますので比較的参加しやすいように思います(*´ω`)

hibikiも自分で直接フードなどを買って送って寄付していた時もあったのですが、これが意外とどれがいいかとか、あまり少ないとそんなに喜ばれないだろうか、たいした支援にならないかもしれない…など余計なことを考え始めてしまったりして。

なかなかハードルが高いのですよね(^_^;)

なのでこういう仕組みはとてもいいなと思いました(#^.^#)♪

  • 実際に何か動物達へ使ってもらえるものを贈りたいという方
  • 自分に出来る範囲の額から支援を始めたい方
  • 少しでも多くの犬猫たちの幸せを願っている方

こんな方はamazonの動物保護施設支援プログラムで自分に出来る範囲から始めてみてもいいかもしれません。

こちら、全国各地のいろんな保護団体さんが登録されているので、ぜひ覗いてみてください♪

動物保護施設一覧

アニマル・ドネーション

公益社団法人アニマル・ドネーションさんが運営している、日本「初」の動物専門寄付サイトです。

公益社団法人アニマル・ドネーション | 日本初・動物のためのオンライン寄付サイト
動物のためにがんばる団体を支援できる「日本初」動物関連限定のオンライン寄付サイト「アニドネ 」。あなたの寄付で日本の動物福祉を変えよう

こちらは私は、今年初めて利用させて頂きましたが、

とても見やすく使いやすいように構成させていて、毎月と今回限りが選択でき、そして額も1000円、2000からとハードルも低めで、誰でも参加しやすいように出来ていると感じました。

アニドネさんのいいところは、使いやすさと、それから寄付先の選択肢がいい感じで選べるところです。例えば私はいくつか自分で物資をおくらせて頂いている団体さんもありますが、基本的にはしっかり活動されている方はみんな応援したい気持ちなので、団体を特定せず”保護団体へ送る”という仕組みがあることや、”ア二ドネさんへの寄付”も選択出来たり、また特定の団体さんへも寄付出来ます。

個人でやろうと思うとまず銀行へ行って振込という行動がなかなか正直省けるなら省きたいと思ってしまうところですよね💦

ネットで済むと言うのが、ちょっと貯まった時にサッと出来て本当に助かります(*^^*)

どこから寄付しようか、どこに寄付しようか決めきれない方も居るかと思いますので、そういう方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

Yahoo!ネット基金

Yahoo!ネット基金では、Tポイントから寄付が出来ます。

これは本当にありがたい仕組みですね✨

検索結果 - Yahoo!ネット募金
団体名やキーワード、寄付額順や新着順からも探せます。Tポイントでも寄付できます。

このように、犬猫と検索をかけるといくつか犬猫保護活動に取り組むプロジェクトが見つけられます。

Tポイントで寄付する場合、まずはプロジェクトを選択し、”寄付する”をクリックします。

それから”Tポイントで寄付”のタブを選択し、寄付するポイント数を入力します。

1ポイントから寄付できるのもいいですね✨

1ポイントも何百人、何千人、何万人と集まればすごい数になります。

本当は何かしたいけど、”自分はお金があまりないから”…とか、”数円じゃ何も変わらない”、という方、額の問題ではないと私は思うのです。

こういった活動には、最終的にはそれなりのお金(それなりというより莫大なお金と行った方が的確かもしれませんね💦)が必要かもしれませんが、少しの力や少しのお金でも集まれば相当な力になります。

是非考えてみてくださいね(*^^*)

OMUSUBIへ直接支援

コチラは少し寄付のハードルが上がる感じがしますが(というのは額が少額なら団体さんへ直接物資を送ったりした方が有効的なのだろうか…など自分の場合は思うからなのですが💦)、保護犬猫の里親募集のマッチングサイト『OMUSUBI』への直接の支援です。

リンク掲載について 保護犬・保護猫の里親募集サイトOMUSUBI(お結び)【審査制】
「OMUSUBI」のリンク掲載。

OMUSUBIの運営資金はどこから来るのかを考えると、OMUSUBIは登録保護団体さんやOMUSUBIを利用する方から手数料などを取らずに運営されているとのことで、犬猫保護活動自体がほとんどがボランティアで成り立っておりますので、その支援ということですから他から資金集めをする必要がある訳ですね。

サイバーエージェント・キャピタルが投資されてるようなので、ある程度立ち上げはそこから成り立っているのでしょうが、運営を続けるには無限にいくらでも投資される訳ではないように思います(詳しくは知りませんが…💦)。

OMUSUBIを展開する株式会社シロップさんが掲げるミッション~人が動物と共に生きる社会をつくる~ということに深く共感しており、大きな額での支援が難しくても、自分でも出来る限りシロップさんのPETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)ペトことモールOMUSUBIや代表者の方々のお話を広めようと記事を書いたりTwitterで広めたりなどさせて頂いております。

というのは、OMUSUBIの応援ページには、”登録団体に物資を送る”そして”リンク掲載をする”とも書かれており、また、まだまだ身近な人に聞いてもOMUSUBIの存在を知らない方も多く、いい循環を作るシステムが出来ていったとしても人が知らなければそれを実現するのは難しいですね。

”認知度をあげていくことに協力する”というのもきっとOMUSUBIやシロップさん、動物保護活動の支援となると思うのです。

なのでOMUSUBIの活動を支援したい!という場合は是非、

OMUSUBIの認知度を上げるようTwitterやブログなどで広める記事を書く、といったことから始めてみてください。

ブログにリンクを貼るだけでも、OMUSUBIを見てくれる人が増えるごとに、助けられる子が増える可能性が広がります。

リンクはコチラです。

<a href=”https://omusubi-pet.com/” target=”_blank”> <img src=”https://omusubi-pet.com/img/bnLink/bnLink_300_100.jpg” alt=”保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」” style=”width:300px”></a>

また、OMUSUBIの登録団体さんへ、こちらのページの『保護団体一覧を見る』から物資の支援をしたい団体さんを選択してamazon経由で物資を寄付することが出来ます(*^^*)

それからもちろん直接寄付も受け付けておられますので、OMUSUBI運営のサポートへ直接寄付というのもいいと思います✨

シロップさんの取り組みOMUSUBIの井島七海さんの考えに少しでも共感すると言う方、応援したい!という方は是非、これらの支援を考えてみて頂けたらと思います。

やはりどうしても犬猫の問題は、ボランティアだけで成り立たせるにはあまりにもお金が必要なことですので、こうした事業として、社会全体で回る仕組みを作っていくということはとても素晴らしい取り組みだと思いますし、実際に少しずつ動き出しているのを感じます。

頭があがらない思いですね。。

全力で犬猫支援に携わるシロップやOMUSUBIの皆様、保護団体やア二ドネさん、犬猫たちのために活動するすべての方へ、本当にありがとうございます。

私自身もこれからも自分で出来る範囲というのは本当に限られたものだと実感するばかりですが、微力ながら自分にも出来ることを考えながらこれからも取り組んでいきたいと思います。

小さな一歩が集まってきっと、今ある厳しい現実が少しずつ改善されていく道へ繋がっていくと信じて、地道に一歩一歩、ですね(*^^*)

ある犬のおはなし

犬猫たちが教えてくれたコト。|hibiki|note
犬猫との暮らしから学んだ、犬猫たちが教えてくれた沢山のことを通して。犬猫や動物達の素晴らしさを伝えたい。少しでも辛い結末を迎える動物を減らしたい、多くの動物たち、そして関わる人達に幸せになってもらいたい。そんな気持ちでこの1コママガジンを始めることにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました