今を生きるマインドセット

本の感想・紹介

僕の妻は発達障害を読んで②【漫画の感想・紹介】

僕の妻は発達障害を読んだ感想を書きました。
本の感想・紹介

僕の妻は発達障害を読んで①【発達障害の特性を知る】

最近『僕の妻は発達障害』という漫画を読んだのを受け、今日は発達障害の特性を、自分のことも含めて具体的に書いていきたいと思います。
病気のこと

【発達障害】誰もが大なり小なり凸凹人間

こんにちは。hibikiは発達障害の当事者です。今回は発達障害を乗り越え社会生活を送る身として、それから今朝読んだ『「よく発達した発達障害」の話』を通して、発達障害についての自分の考えを綴りました。
スポンサーリンク
今を生きるマインドセット

【喜怒哀楽】感情の波があるのはそんなに悪いことなのか

よく、悪いことと捉えられガチな感情の波について。hibikiなりの考えをまとめました。
病気のこと

いじめはたぶん無くならないけれど

いじめについての自分なりの考えを書きました。たぶん今後も無くならないいじめ問題。無くならないからこそ、無くならないと諦めるのではなくひとりひとりが考え取り組むことが大切だと思います。
今を生きるマインドセット

手持ちのカードで勝てるゲームに挑む -スヌーピーに学ぶこと-

「You play with the cards you’re dealt …whatever that means. 」スヌーピーの名言は奥が深いですね。
今を生きるマインドセット

いくつかの居場所が今の自分を支えてくれているということ

何か失敗したときや躓いた時、辛い時。苦しい時。そんな時にささえてくれる人達の存在。居場所をいくつかもつことの大切さ。今回はそんな話です。
今を生きるマインドセット

【自己分析】自分の好き嫌いを知ることの重要性

自己分析の中でも、好き・嫌いや向き・不向きについて考えてみました。自分のことをよく知り、自己開発に活かしていきたい。
病気のこと

【メンターのすすめ】カウンセリングを受けるのは恥ずかしいこと? -相談出来る環境づくりの大切さ-

誰でも悩みを抱え、躓くこともある。そういった時のサポートをもっと気軽に受けられたら、精神的な病気にひとりで苦しんだり、ひとりで悩み続けてたことによる悲劇をもっと防げるのではないか。『恥』の文化がある日本では、悩みを抱えて生きることや相談することに抵抗感を持ちやすい。そういったことをみんなが自然に受け入れ、カウンセリングを病気と関係なく日常ともっと近い位置づけにすることで、予防にもつながりみんながより生きやすくなるのではないかと思う。そんなことを書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました