当ブログについて

▼ プロフィールはコチラから ▼

hibikiってどんな人?
スポンサーリンク
映画の感想・紹介動物

【映画】ライオンキング 2019フルCGリメイク版 感想

映画の感想・紹介

こんにちは。hibikiです。

実は私は昨年、リメイク版のライオンキングを観るまで、これほど有名なライオンキングを一度も観たことがありませんでした。

ライオンキングが最初に公開されたのは1994年。ディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオンキング』です。

それから数々の続編やスピンオフ作品、ミュージカルやアニメ、ゲームなど、本当に幅広く展開されていて、ライオンキングに全く触れずよくここまで生きてきたなと自分でも思うレベルです(^-^;

昨年フルCGということでこれは映画館で観なければと、初めて観てみたのでした。

実写と言われる程、本当にリアルであり、そしてディズニーならではの絵の美しさなんですね。

今日夫がAppleStoreで購入したとのことで、一緒に見たついでにせっかくなのでこうして記事を書いています。

ということで今日はライオンキング 2019フルCGリメイク版を感想を交えての紹介になります。

『ライオンキング 2019フルCGリメイク版』のあらすじ 監督・キャスト

命あふれるサバンナの王国プライドランド。未来の王<シンバ>は、ある“悲劇”により父<ムファサ>を失い、王位を狙う闇に生きるライオン<スカー>の企みにより王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。

シネマカフェより引用
企画・制作
  • ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
その他 ディズニー作品
  • マレフィセント
  • 美女と野獣 
  • パイレーツ・オブ・カリビアン
  • プーと大人になった僕 
  • アラジン 
キャスト(声)
  • (シンバ)ドナルド・グローヴァー / 賀来賢人
  • (幼いシンバ)JD・マックラリー / 熊谷俊輝
  • (ナラ)ビヨンセ・ノウルズ=カーター / 門山葉子
  • (幼いナラ)シャハディ・ライト・ジョセフ / 小林星蘭
  • (ムファサ)ジェームズ・アール・ジョーンズ / 大和田伸也
  • (スカー)キウェテル・イジョフォー / 江口洋介
  • (ティモン)ビリー・アイクナー / 亜生(ミキ)
  • (プンバァ)セス・ローゲン / 佐藤二朗
映画「ライオン・キング」特別予告編

ライオンキング 2019フルCGリメイク版 を観て

とにかく絵がキレイ

言うまでもなくとにかく絵がキレイです。

ファンタジー的な要素が見える景色でないともはや本当に実写と区別がつきませんね。

冒頭(サークルオブライフが流れるシーン)で、1ショットだけアフリカで撮影された実写が使われているそうですが、言われなければもはや分かりません✨

そして全体を通して、CGだからこその、実写以上の綺麗さなんですね✨

どこでCGだと分かるかというとやはり動物など生き物の動きでしょうか。

普通に歩いたりという動きが、一番難しいのですよね。

これだけの数ともなるとなおさら。

集団ですべて自然に見せるというのがどれほどの技術が必要か。

それでも、動く前段階の表現(モデル自体)はもはや動物そのものだし、それぞれの生き物で感じる重力の違いなどは本当にリアルに感じられるほど、ここまで来たか…!✨という感じで昨年映画館で観たときは驚きと感動しかありませんでした。

こちらはピクサーの映像なので制作部が違いますが、こちらの映像を観た時に毛の表現に驚いたのを覚えています。

ピクサー史上超絶もふもふキュートな短編『ひな鳥の冒険』映像

毛の表現自体はこの時もうここまで出来るのか…というのが分かってはいたのですが

やはりライオンキングももはやCGを感じさせない毛並みでしたね。

毛ってね…ほんと毛とか髪だけで専門の担当者が必要なくらい本当に大変な技術なんですよ。

本当に大変すぎるので、、私は3Dのキャラクターをよく作りますが髪の毛を作るのは嫌いだし苦手です(^_^;)💦ローポリなら楽しいんですけどね。

これはとにかく凄いです。

仲間との出会い

どん底の中で助けてくれた仲間達、ティモンとプンバァです。

シンバもひとりではこの危機を生き延びることが出来たか…

やはり仲間の存在って偉大ですね✨

この陽気な仲間達にシンバがどれだけ救われたことか。

ハクナ・マタタはスワヒリ語で『嫌なことは忘れろ、くよくよするな』を意味するそうです。

この陽気な仲間達にシンバがどれだけ救われたことか。

Cast of The Lion King – Hakuna Matata (From "The Lion King")

 The Lion Sleeps Tonightはよく聞きますね(*^^*)

これを口ずさんでるだけで陽気な気分になってきます♪

シンバを探しに来たナラ。帰還。王としての自覚。

そのまま新たに見つけた友達と一緒に気ままに暮らす生活だって、全然いいと思うんですよ。

誰も彼を責められません。

しかし心の中に残っていた故郷の家族や王国への思い、父の教えだったり父の立派な王の姿が、彼を故郷へと導いたのかもしれません。

そうして仲間達や国のために戦う中で、王の自覚というものが目覚めてくるのでしょう。

本当に立ち直れないくらいの辛い思いをしたのに、立派ですね。

Can You Feel the Love Tonightもどうぞ。

Cast of The Lion King – Can You Feel the Love Tonight (From "The Lion King")

父ムファサの教え

話が前後しますが、父ムファサが生きているうちに、シンバが幼いころからこうして王としての背中をしっかり見せていたからこそ、シンバの中にもそれが残っていたのでしょうね…。

サークル・オブ・ライフ(自然界の繊細なバランス) についての話だったり、勇気と無謀についての話だったり。

素晴らしい父であり王である、ムサファの最後はもう本当にハラワタ煮えくり返るようなシーンとなっています。

よくもお前・・・!!!

と、何度見てもワナワナしてしまいますね。

極めつけが、その後その罪を、罪の意識をシンバに植え付けるシーンです。

お前がいなければ、王は生きていられたのに

・・・。

ワナワナナワナワ。

です。

お前だろうがーーー!!!!!(;´Д`)

無念すぎますよほんとに…。

子供を必死で守ろうとする父の姿からのこのシーンで悲しさと悔しさでマジで泣きます。

演出とは分かっているものの、、何も殺さなくてもよかったのでは・・?

重傷を負って王の座を退く、くらいの展開でも十分私は感情移入出来ましたよ…

なんて思ったり。

まあでも悪役の悪行に手を抜かないのがディズニーでもありますからね(;´Д`)

見どころのひとつでしょう。

子供のころはもはやただの猫

冒頭の長老?に抱き上げられみんなに紹介されるシーン。

はい。

ただの猫です。

冒険する兄弟猫です。

いっちょまえに獲物を狙う猫です。

もうね、とにかく可愛いんです(*´ω`)✨

犬猫や動物好きはもうすでに観ている方がほとんどかと思いますが、

まだの方は本当に、一度観る価値はかなりあると思われますので是非是非です(*^^*)

キャストにも注目

ディズニー作品のすごいな✨と思うところのひとつに、『悪役のつくりこみがうまい』というのがああります。

ライオンキングだとスカーですね。

スカーが本当に悪~~~い感じを出しているのですよ。

それはセリフから。行動から。そして見た目からも。

悪さがにじみ出ています。

先ほども挙げましたがこの言葉。

お前がいなければ、王は生きていられたのに

と子供心に一生傷を負いそうなセリフをあえて言うところとかがもう、観ているこちらの怒りだったり嫌~~~なキモチを掻き立てるんですね。

そしてショックだったのが、私は字幕で観ていたのですが、吹き替え版はスカー役が江口洋介だということ。

私にとっては江口洋介は永遠に『あんちゃん』です。

スカーとは程遠い存在なんです(;_;

ドラマで悪役をやっても、うまいなぁと思ってもやはりどこか似合わない。

逆に佐藤二朗(プンバァ)はもう完全にハマり役です✨

似てるんですよ(顔も)。

ご本人はこうおっしゃってますがやはりみんな似ていると思ったようですね(#^.^#)♪

顔ではない(笑)

設定資料でディズニー作品を倍楽しむ

こういったいい映画だったりアニメを観ると、欲しくなるのが設定資料集です。

作品の制作過程やイメージ画、スケッチの段階の絵って、制作者の方々のアイディアの宝庫であったり、精神込めてつくられていくその思いだったりが詰まっていて、感動を何倍にもしてくれたり、手元に残ったりといいことずくし。

そして度々思い出して開いて見たりして振り返るのがまたいいんですよねぇ(*´ω`)

こういうの、みなさまもおひとつどうでしょう(*´▽`*)

ディズニーアニメーション背景美術集

いろんなディズニーやピクサーの映画を観てきましたが、他にもこちらの映画もオススメです♪

ディズニーやピクサー(2006年から完全にディズニーの子会社となっているのでコチラにも挙げています)の映画は、単純に純粋に感動してスッキリとした気持ちで観終われるストーリーと、きれいな映像がどれもいいんですよねぇ(*´ω`)

好きなのを挙げていくとかなり盛り沢山になり過ぎてしまいますので、それぞれベスト5を挙げたいと思います♪

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
  • 塔の上のラプンツェル
  • ズートピア
  • ベイマックス
  • モアナと伝説の海
  • アナと雪の女王/アナと雪の女王2 
ピクサー・アニメーション・スタジオ
  • ファインディング・ニモ
  • トイ・ストーリー4
  • ウォーリー
  • インサイド・ヘッド
  • ソウルフル・ワールド
hibiki
hibiki

ディズニーやピクサーの映画はもはや作り物ではない、完全に命が吹き込まれているものを感じます。まだまだこれからも沢山の感動作を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました