当ブログについて

▼ プロフィールはコチラから ▼

hibikiってどんな人?
スポンサーリンク
動物 本・映画

【映画】『猫タクシー』はひたすら心が温まる

こんにちは。hibikiです。

今日はまったり心温まる映画『猫タクシー』の紹介です。

この記事はこんな人にオススメです。

  • 猫が好き
  • 猫って本当に素晴らしい!
  • 世界は猫を中心に回っている
  • とにかく動物が好き

hibikiはこれまで、犬猫や動物関係の映画を沢山見てきました。

ネイチャーなどのドキュメンタリー映画や、ジブリはまた特別なので今回は除きますが、これまで見てよかった動物ものの映画がこちらです↓

  • 僕のワンダフル・ライフ
  • 僕のワンダフル・ジャーニー
  • ペット
  • ペット2
  • ズートピア
  • ベイブ
  • 101匹わんちゃん
  • ライオンキング
  • ドクター・ドリトル
  • HACHI 約束の犬
  • マリと子犬の物語
  • クイール
  • きな子~見習い警察犬の物語~
  • DOG×POLICE
  • 私と犬の10の約束
  • ひまわりと子犬の7日間
  • 星守る犬
  • グーグーだって猫である
  • ねこタクシー
  • 子ぎつねヘレン
  • 星になった少年
  • 皇帝ペンギン
  • 南極物語

動物ものの映画を見ると、命に学ぶことが多く命の尊さに泣いたり、

動物達の純粋な思いだったり、面白行動に笑えたり。

本当に沢山の幸せな時間をもらいました。

『猫タクシー』も、もれなくその中に入ります。

『猫タクシー』のあらすじ 監督・キャスト

間瀬垣勤(カンニング竹山)は、世界一人付き合いが苦手なタクシー運転手。会社内のドライバーランキングでは常に最下位。稼ぎも悪く、娘の瑠璃(山下リオ)にもバカにされ、妻の真亜子(鶴田真由)にも期待されていない、仕事からも家庭からも見放された完全な負け組。ところがある日、公園でいつものように弁当を食べていた間瀬垣は、首輪に“御子神”と書かれた三毛猫と出会う。その何とも言えない貫禄に心を奪われ、少しずつ変わり始める間瀬垣。そして間瀬垣は、御子神さんを助手席に乗せて、“ねこタクシー”を始めることを思いつく――。

シネマカフェより
監督
  • 亀井亨
その他監督作品
  • 幼獣マメシバ
  • マメシバ一郎
  • くろねこルーシー
  • マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
  • 幼獣マメシバ 望郷篇
  • ネコナデ
原作
  • 永森裕二(AMGエンタテインメント所属・邦画製作担当プロデューサー。映画・テレビの製作・原案・脚本を80作以上手がける)
その他監督作品
  • 柴公園
  • 幼獣マメシバ 望郷篇
  • 猫侍<劇場版>
キャスト
  • みーすけ(猫)
  • カンニング竹山(間瀬垣勤 役)
みーすけ 関連作品
  • ALWAYS 三丁目の夕日
  • なくもんか
  • 龍馬伝
  • 他 CM多数出演
カンニング竹山 関連作品
  • 嫌われ松子の一生
  • 感染列島
  • それでも花は咲いていく
  • ボクたちの交換日記
  • ミュータント・タートルズ
  • 男はつらいよ お帰り 寅さん
映画『ねこタクシー』予告編

以下ネタバレあり。

『猫タクシー』を見て、ひたすら温まる。

とにかく猫好きにはたまらんな~という感じが満載なこの作品。

こんな、猫とふれあえるタクシーがあるなら私も乗りたいっっ!!

実際タクシーって猫乗せていいのでしょうか…

調べたところ。

原則として、猫をタクシーに乗せることが可能です。国土交通省が定めている「旅客自動車運送事業運輸規則 第52条(物品の持込制限)」によると、愛玩用の小動物は持ち込むことができることになっています。トラブルを避けるためにも、猫とタクシーに乗る際は事前にタクシー会社に確認を取るか運転手に一言聞いてから乗車しましょう。

PETOKOTO より引用

法律的にはOKみたいですね!

ペット専用のタクシーもあるらしいです。

さて、この『猫タクシー』。

御子神さんを演じるみーすけはなんと…!

オスの三毛猫なんです!!

オスの三毛猫は世界でもかなりの希少種だそうですよ。

そんなみーすけさん。

御子神として映画の中でも沢山の人を癒しつつ、

映画を観ている人にももれなく癒しを提供してくれています♪

舌が出てる姿なんて本当にかわいくて(*´∇`*)

たまらん…♪です。

最初にタクシーの後ろの席にあたり前にごろんとお腹を出して居座ってたところなんかもちょ~かわいかったです(*´∇`*)♪

竹山のタクシーに乗れなくて元気がなくなってしまった御子神さん…そして竹山が資格をとったらご飯を食べた御子神さん…

動物と人間って、やっぱり何か通じるものがあるんだなぁって。

じんわり暖まります(*´ `*)

御子神さんは竹山の人生を変えた。

竹山と出会って御子神さんもきっと幸せだったんだろうな…(*´ω`)

亡くなるその時まで、ずっと竹山の腕の中にいれて、幸せだったんだと、思います。

竹山が、御子神さんと出会ってから猫の魅力にとりつかれて。

猫といることで人との関わりもできてきて。

だんだんと心が暖まっていく様子が見ていて微笑ましかったです(*^^*)

最初は冷たかった娘が、猫と家族になりたい、と言いだして嫁に冷たく冷静に却下されそうになってる中で助け舟を出してくれたり、

その後も父と娘の会話ができてくるのが、よかったね~竹山パパ~(*´∇`*)

という感じでしたね(*´ω`)

ほっと心温まる、映画。

少し疲れた時などには特に、オススメです(#^.^#)

いろんな動物ものの映画を観てきましたが、猫が好きな方はこちらもオススメです♪

  • グーグーだって猫である
  • 劇場版 「 猫侍 」
  • 猫が教えてくれたこと
  • 世界から猫が消えたなら
  • レンタネコ
hibiki
hibiki

いつだって猫は私達に幸せをくれる存在なんですね…♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました