スポンサーリンク
動物映画の感想・紹介

【映画】『HACHI 約束の犬』の感想

映画-HACHI約束の犬-感想動物

こんにちは。hibikiです。

今回は、犬好きの 犬好きによる 犬好きのための映画の紹介になります。

この記事はこんな人にオススメです。

  • 犬が好き
  • 犬って本当に素晴らしい!
  • 動物ものの映画は何度見ても泣ける
  • とにかく動物が好き
  • 犬は最高のパートナーだ

私は沢山の動物ものの映画を観てきましたが、

どれも例えば犬猫を飼うこと、一緒に暮らすことについて、

そして動物たちの一生について、よく考えさせられるものばかりだったり、

深く感情移入して涙なしでは見れないストーリーだったりと、

本当に沢山いい時間をもらいました。

その中でも今回感想を書きました『HACHI 約束の犬』もとてもいい映画でしたので、見たことがまだない方はぜひ一度観てみてほしい映画のひとつです。

『HACHI 約束の犬』の見どころ

ズバリ一番の見どころは…!

犬はとにかく健気…!!

その健気に生きる姿です!!!

無償の愛をふりまく姿。

大好きな飼い主を待ち続ける姿…(/_;)

涙なしには見れません。

『HACHI 約束の犬』のあらすじ 監督・キャスト

アメリカ、郊外のベッドリッジ駅。ある寒い冬の夜、迷子になった秋田犬の子犬を偶然保護したパーカー・ウィルソン教授(リチャード・ギア)は、妻の反対を押し切り、その子犬を飼うことにする。そして、その子犬は、首輪についていたタグに刻まれていた漢字から“ハチ”と名づけられた。パーカーのあふれるような愛情を受けてすくすくと成長していくハチは、いつからか、夕方5時になるとベッドリッジ駅までパーカーを出迎えるのが日課となっていた。一人と一匹の間に育まれた深い愛情と信頼は、これからもずっと続いていくと思われていたが…。フジテレビ開局50周年記念作品。監督は、『ギルバート・グレイプ』や『ショコラ』のラッセ・ハルストレム。実在した忠犬ハチ公の実話を映画化した『ハチ公物語』(’87)のリメイク版。

シネマカフェより
監督
  • ラッセ・ハルストレム

その他監督作品

  • ギルバート・グレイプ
  • ショコラ
  • 僕のワンダフル・ライフ 
  • くるみ割り人形と秘密の王国 
キャスト
  • リチャード・ギア(パーカー・ウィルソン 役)
  • ジョアン・アレン(ケイト・ウィルソン 役)
  • ヒロユキ・タガワ(ケン:ケイリー 役)
  • ケビン・デコステ(ロニー 役)
リチャード・ギア 関連作品
  • 愛と青春の旅だち
  • プリティ・ウーマン
  • シカゴ
  • キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け
  • ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度
  • 冷たい晩餐
ジョアン・アレン 関連作品
  • ニクソン
  • カラー・オブ・ハート
  • ザ・コンテンダー
  • ママが泣いた日
  • ジョージア・オキーフ ~愛と創作の日々~
  • ルーム

『HACHI 約束の犬』を見て思うこと

モチーフがハチ公なのでどんな話か分かっていても。

泣けます。

子犬を拾って連れ帰り、家族も呆れるほどハチをかわいがるパーカー(リチャードギア)。

ふたりの様子はついにやっとしてしまう微笑ましさ。

普段から愛犬家なのかな?と思わせるほど。

主人(リチャードギア)が亡くなってからも

改札から出てくる、帰ってくると信じて駅前で待つハチ。

時がたっても待ち続けるハチ。

心にはいつもかわいがってくれた主人がいつもいる…

泣けます。

泣き通しの一本でした!


一緒に過ごした時間を。

大切な時間と大切な飼い主のことを。

犬は絶対に忘れません。

人間も、犬に学ぶことがありますね。

忙しい毎日に追われ、大事な人との時間を大切にする間もなくなってしまってはいないか…?

本当にそんなに毎日忙しく追うべきものがあるのか・・・?

限りある目の前の大切な命以上に、大切なことが本当にあるのか・・?

犬は、本当に大切なことを教えてくれる。

素晴らしい存在です。

難しいことはない。ただ、大切な人を大切にする。

それだけなのに、

人間は不器用よなぁ…

なんて思ったりしています(*´ω`)

何もうまく行かないとか、なんだかむしゃくしゃしてしょうがない時ーーー。

そんな時にこういった映画を観てみるのもいいのかもしれませんね。

きっと純粋な犬の心に、何か感じるものがあるかもしれません。

HACHI 約束の犬

▼リンクより各感想記事に飛びます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました