スポンサーリンク
病気のこと今を生きるマインドセット

【鬱】負のループから抜け出せない時は一旦立ち止まって考えてみよう【気分循環性障害】

病気のこと
この記事を書いている人の似顔絵と一言

こんにちは。hibikiです。

先日気分循環性障害についての記事を体験談を交えて書きました。

hibikiはこの病気を乗り越え、今に至りますが、

だいぶ長い間病気が治らず、ちょっとよくなったかと思えば更に悪くなりの繰り返しで、当時は何も希望が持てない時期を過ごしていました。

そこから今の自分がもともと何年も病気だったとは思えない程元気に暮らせるようになるのに、やはり回復のキッカケとなることがあった訳ですが。

それがいい先生に出会えたことと、先生の治療の中で自分の病気の原因となったであろうことが徐々に理解出来てきたことにありましたーーー。

今回はその原因というもの。どんなことでうつ病そして気分循環性障害にまでなってしまったか。

それからもし同じような状態に陥っている方がいたら、とにかく焦らず、病気が治らない原因を探ってほしい、そんな内容の記事を書きたいと思います。

自分の場合はこんなところが病気の原因となっていました

hibikiの場合はどうやら発達障害・HSP気質が大元の原因となり、働き始めてその二次障害として適応障害・気分循環性障害を発病、輪をかけていじめのような暴言だったり言葉を散々かけられ弱ってしまったことが病気の悪化を後押しした。といった具合だったのかと。把握できたのは治療8年目で廣瀬先生のもとを訪ね、回復してきてからでした。

振り返ると、人生に支障が出そうなポイント(持って生まれたもの)は沢山ありました。

発達障害、HSP、天然パーマ、骨太でがっしり体系、ブス、胴長、顔が大きい、声が低いなどなど…

まずこういった要素。文字にして並べるとまぁ酷いですね(^-^💦

コンプレックスになりそうな要素だらけです💦💦

とは言えこういったか身体的な特徴でいうコンプレックスは、幸運にもそれ程感じずに生きてこれたのですが・・・👀

それは病気にかかるまでの人生がまだ絶望的に酷いものではなかったからかもしれません。

きっと運動だったり芸術だったり、いつものめり込んで夢中でやれることがあり、一緒に頑張ってくれる仲間や友達がいつもいたからですね✨

(ちなみに今となってはすべて自分で”それが当たり前”になってしまっているというか、コンプレックスと感じることはほとんどありません。どんな自分でも楽しめることが今はもう分かっているからかもしれません。)

ですがそれらを引いても、

自己肯定感を高めずらい、ストレスを受けやすい素質を持って生きてきたということ。

自分がそういう特性を持っているということに、社会人になるまで気づかずに何の対策も持てずに来てしまったことが、病気になり、そして治療が長引くひとつの原因となったように思います。

治療が長引く原因になったと思われることを、回復までの道のりの中で、それから快復してから、このように私は分析しました。

  • 発達障害で人よりストレスを受けやすくエネルギーを消耗しやすいのに気づかず常に全力を出しガチ
  • 人から言われた暴言含め様々なことで悩みすぎ、常に緊張状態にありエネルギーを消耗していた
  • そのため栄養面が知らないうちにどんどん削られ、さらに動けない状態になっているのに、栄養不足状態とは思わず自分の頑張りが足りないとなんとか力を出そうとして消耗していた
  • フェリチン(鉄)不足によりうつ状態になることがあり、それも当てはまっていた
  • 動けない→やりたいことも出来ない→落ち込む→なんとかしたいともがいてますますエネルギーを削るの悪循環
  • うつ病にいいとされているご飯を3食しっかり食べたりウォーキングなど軽い有酸素運動をすることをくまなく試したが、根本的な原因を知らないので逆にエネルギーを更に削ることになっていた
  • 当時は今より全然うつに対する世の中の理解もなく、理解を得られることもあまりなく、常識外れだとか、何をやっても続かないなどいろんな批判的なことも言われたが、頭が半分も回らない中でそうじゃないと言い返せず、自分でもそうなのかもしれないなという気にすらなってしまってきていた。。
  • なかなか長い目で見れず、1日1日がもったいなく、早く全力で頑張れる元の自分に戻りたいと必死で、それがまた消耗することへと繋がっていた。

このように沢山、間違った認識で走り続けたことが本当によくなかったと思います。。

長引いている場合は治療法が間違っていないか考えてみよう

そして治療が長引いたもうひとつの要因は、こうして根本的な原因が分からないまま間違った治療をひたすら続けてきたことにありました。

治すことに全く向かっていなかったことが今ならハッキリ分かるのに、この時は全く分からずただもがくしかなかったのです。

これは病気に限らずですが、発達障害やHSPなどの特性を持つ場合は特に、

◎自分にはどういう特性があるのか
◎特性で負の影響を受けやすい面をどうフォローしていくか
◎どの特性を武器に伸ばし生きる糧としていくか
◎自分らしさをどう武器に変え、周囲の人とうまくやり取りしていくか

この辺をいかに分析して開発していくか。

そして、

◎”得意”と”好き”からお金に換えられそうな部分を見つける(金銭的な将来への不安をなるべく取り除くことも結構大事です)。


◎自分の体の状態をしっかり把握し(栄養面含め)、状態に合わせて進む。

◎苦しい状態が続いたことにより考え方の癖が出来てしまっていないか。考え方の癖により影響が出ている面はないかを探る。

こういったことを積み重ねていく必要があったように思います。

本来は、こういうことを学生で居られるうちに、学んでいけるのがベストなのでしょうが、なかなかそうもいかないこともありますよね。

私はなかなか遠回りをしてしまったな…と思うこともありますが、

hibiki
hibiki

30代で何とかなったのだから上出来だ 

そう思うことにしています。

焦らず、根本的治療をしていくこと

焦り=回復への道が遠ざかるもと

そんなことは分かっているけど出来ない💦

て方も多いかと思います、私もそうでした。。

今は昔より人生が長い(長ければ100歳と思えば、例えば20代ならまだ80年あります)ということ。

今そんなに長い気したくないと思っているとしたら、それは病気の医療の中にいるからその影響が大きいであろうこと。元気になれば自然とやりたいことも見えてきたり、楽しめることも出てきたりして、もっと生きたいと思うようになるかもしれません。

それから以前より仕事も転職や復職がしやすくなりました。

これはすごく大きいですね。

焦りはしないけども、計画的に回復への道を探る。そんな心構えで行けたらいいですね。

今は発達障害や様々な特性に関する情報を入手しやすい時代なので、

今の子供達や若い人たちが、今のうちから、適切に自分を解読し、

自己開発を進めていけるといいなぁ、あまり苦しみ過ぎることなく、生きていけるといいなぁと、そんな風に思います。

諦めないでほしいです

どうか、メンタル系の病気の治療が長引いている方は、

本当に今の治療法があっているか。考えてみてください。

もう自分で考えるのもしんどい状態であれば、誰か身近な人を頼ってください。

きっと周囲の人はみんな、少しでも元気に、幸せになってほしいと、願っているはずです。

今見てもらっている病院は、しっかりひとりひとりと向き合ってくれていますか?

いい先生ももちろんいます。

ですが、適当な診断や診察でコロコロ薬を変えられ、実験台のように新しい薬を試され、とにかく頭をぼーっとさせて考える力をなくし、おとなしくさせる。

そういう治療をする先生もいることは事実です。

そんな治療を自分も受けてきたし、周りにも見てきました。

私が診断された当時はこういった病気や病院の情報はそこまで広まってませんでした。

なので何故治らないのか、自分もですが周りも分かりませんでした。

甘えてる、怠けてるだけなんじゃないのか?何しても続かないねと、

辛い言葉を投げられたことも多々ありました。

今でもそういう考えの方も少なからずいるようにも思いますが…。

徐々に認知度があがってきているとはいえ、やはり当事者にならないと分からないことというのはあるんですよね…。

ですが、まだどのくらいあるか分からない人生を諦めてしまうのはもったいないです。

自分で正しい道を見つけ出せなかったこと。沢山のひとに迷惑をかけてきたこと。治ってからも、自分を責めはじめて苦しい気持ちになることも今でもあります…。

でも、それでも、あがき続けてなんとか治すことが出来て、しっかりと自分の人生を生きれるようになって、本当によかったと今思うのです。

何かのせいにするでも、自分を責めるでもなく、一歩前に進むためのヒントを受け取る心の準備をし、ひとつずつ、行動に移す。

そんな風に少しずつ、気持ちと行動を変えていけたらいいですね。

簡単なものではないと思いますし、本当にいつ治るのかと気が遠くなるような日々かと思います、、

ですがそんな時はちょいちょい休憩を入れながら過ごして、何年かした頃には数年前よりは少し進化したなと、そう思えたら・・くらいの希望をなんとか忘れずにいて欲しいです。

どうか、身近にいる本当にあなたのためを思う人の言葉に耳を傾け、

また今はネットでもいろんな人と話が出来て情報も得られる時代ですので、ネットで助けになるであろう情報を見つけたならトライしてみてください。

どうか。あきらめないでください。

今苦しんでいる少しでも多くの方が、一歩でも前に進めますように。

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本

hibiki
hibiki

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました