当ブログについて

▼ プロフィールはコチラから ▼

hibikiってどんな人?
スポンサーリンク
病気のこと 現代の生きづらさとは

気分循環性障害という病気



こんにちは。hibikiです。

気分循環性障害という病名を知っている方はかなり少ないのではないかと思いますが、

hibikiはこの病気を乗り越え、今に至ります。

今日はこの病気がどんな病気なのかを書きたいと思います。

気分循環性障害ってどんな病気?


気分循環性障害は軽度のうつ状態とそう状態が繰り返される病気です。

躁うつ病ほどには波が高くない傾向があるそうです。

軽い躁状態が分かりづらく、うつ病や躁うつ病と間違われることもあるようで、

私も長年うつ病だと思っていたらこの病気だった、という経緯があります。

うつ病の症状は最近ではよく聞くようになってきたのでどんな感じか想像がつく方も結構いるのではないかと思いますが、それでも当事者になってみないとやはり本当の苦しさというのは分からないものがあります。

とは言え、

  • 前は楽しめていたことにも興味が沸かなくなった
  • いつも気持ちが沈んでしまう
  • やる気が出ない
  • 体が鉛のように重い
  • 何もなくても涙が出てくる
  • 内科では異常がなかったけど胃腸や頭痛など常に体調が悪い
  • 音が異常に気になって辛い

こういった症状が当てはまったら要注意!といったチェックシートなどを会社でメンタルチェックが実施されていたり、個人でもネットで見つけてやってみたことがある人は今はかなりいるのではないかと思います。

なのでウツの症状がどんなものかは、多少想像がつく方が多いのではないでしょうか。

では、「躁状態」とはどんな状態なのでしょうか。

この躁(そう)状態になると、いつもより元気が出ている気がし、いつもはしないような奇抜なアイディアや発想が止まらなくなったり、実際にすぐに行動に移してしまったり。

高額の買い物を躊躇いなくしてしまう、といった人もいるようです。

こういった症状があまりに酷いようだと躁鬱病に入るのかもしれませんが、

こういった傾向とうつ状態が繰り返し見られる場合は「気分循環性障害」という病気の可能性も疑ってみてもいいかもしれません。


似たような名前で気分変調症という病気がありますが、こちらは軽度のうつ状態が長い間(2年以上)続く病気で、気分循環性障害とは別物です。

私はあくまで元患者の立場なので、ハッキリとした判断は先生や専門家に任せるべきだと思いますが、

もし、長らくうつ病から抜け出せない。治る気がしないと悩み、改善の兆しがない方は、病院を変えて信頼できる先生を見つけることを第一に考えるのがいいかと思います。

自分や、自分の周りにもしかして気分循環性障害なんじゃ?と思う人がいたら、またそうでなくてもなかなか精神系の病気が治らず苦しんでいる方がおられましたら、

新宿OP廣瀬クリニック廣瀬先生がYoutyubeで病気の説明や治療のヒントを話してくださっていますので、是非見てみてください。

私も廣瀬先生に診てもらってから、今までの誤診に気づき、回復への道を開くことが出来ました。廣瀬先生には本当に、生きる力を頂き、感謝しかありません。

この先生に出会えてなかったら、、もしかしたら今でもうつ病の底で苦しんでいたかもしれません。

気分循環性障害の検査・治療(≒ACの回復)

hbikiの恩人 廣瀬先生と新宿OP廣瀬クリニック

廣瀬先生は水戸と新宿の2か所の病院で診てくださってます。

◎水戸市内 廣瀬クリニック

新宿OP廣瀬クリニック

予約制でいつも混んでいるので、診てもらうまでに時間がかかるかもしれません。

なのでまずは廣瀬先生の動画で勉強してみるといいかと思います。


気分循環性障害以外にもうつ病やPTSD・アダルトチルドレンなど様々な病気について、病気の本質的な部分の説明、そして回復へのヒントを紹介してくださっています。

※今はオンライン診療も行っているようです。(初診の方や症状によっては選べないかもしれないですが、通うのがしんどい方は相談してみてもよさそうですね。)

先生が出されている本もオススメです。

回復へのヒントに、きっとなると思います。

気分循環性障害と分かるまで

hibikiは20代前半でうつ病と診断されてから、6年もの間、うつ病だと思い治療を続け、よくなったかと思えば悪くなりの繰り返しの生活でした。

そんな中で本当に治るのか、自分が今どういう状態なのか、、とにかく苦しくどうにもならない状態だった時がありました。

そんな私を見てきた母が、こんなに治らないのはおかしいと気づき、連れて行ってくれた病院が、新宿OP廣瀬クリニックでした。

それまで4つの病院にかかり、時には入院もしましたが、よくなることはありませんでした。

生きにくいのは自分の問題だけ?
メンタル治療の3つのポイント(自己努力・忍耐・薬物療法
動かないとうつ病のようになる


気分循環性障害以外にもいくつかリストアップして貼ってみましたが、病気にまでなってないギリギリの状態、という方も恐らくかなり居るのではないかと思います。

そういった方にもこの先生の話はメンタル強化にとても役に立つのではないかと思います。

分かってから治るまで

廣瀬先生に会うまで、hibikiは根本的な原因が分からなかったので、いつまでも負のループにハマっていました。

鉄不足・ビタミン不足から来る鉛のような体の重さで、動けなくなり

動けないから気持ちも沈んでいく

でも何とかしようとうつ病の改善に効きそうな運動などを続ける

より一層 体力・気力・補給したい栄養も削られる

より体がしんどくなる

気持ちが落ち込む

このような負のループを改善するべく、まずしたのがこちらです。

  • まずは栄養療法ということで、余計な薬はすべてなくす
  • 最低限の睡眠薬とデパケン(トレドミンから変更)はしばらく飲む
  • ビタミンB群とフェリチン(鉄)のサプリを飲む

こうしてひたすら栄養を摂りながら休むことで、体に力が入る感覚が戻ってきたのでした。


そもそもストレスを受けやすい特性があり、体力も精神も消耗しやすいので栄養が削られやすいという要素は変わることはないので、サプリメントは今でも飲んで予防しています。

◎私が飲んでいるのはこちらです。

ダグラス ストレスBプラス

フェリチン(pure optiferrin)

フェリチン画像

ライフエクステンション  タウリン( life extension taurine )


疲れやすさストレスBプラスフェリチンが効くようです。


タウリン気分循環性障害の方や気分に波がある方に効果があるそうです。

こういったサプリが治療に効果がある可能性はないか、かかりつけの先生に聞いてみてもいいかもしれません。

市販のサプリよりはその効果は断然高いです。(その分値段も高いですが…💦)

私はこれまで病院で購入していましたが、オンライン診療に変わったのを機に、サプリも自分でネットで購入するようにしました。

▼こちらはダグラスの公式通販サイトです。

ダグラスラボラトリーズ公式サプリメント通販
マルチビタミン&ミネラル「UPX」など、アメリカの厳格な基準で製造された、医師が患者に処方する高品質のドクターズサプリメントをお届けします!

しかしここにたどり着くまで本当に長かったです。

既に体力も気力も完全に底をついていて、更に薬漬けにされていたので、

認知行動療法がよさそうだと兄から本を送ってもらっても、とても読むちからも実行に移す力も、「やってみよう」という気持ちも全く出てこなかったのです。

⇒カウンセリングについては別記事『病院選びが人生を左右するかもしれない、ということ。』の下の方の『カウンセリングが続かない時』を読んでみてください。

そのほか考え方に問題があったりなどもいろいろありましたが…

hibiki
hibiki

やれる気がしない(TT)力が出ないよ…

hibiki
hibiki

考えを変えなきゃいけないほど私はおかしいの…?

hibiki
hibiki

もう治りたいのかも分からない。生きるのが辛い。。。

こんな感じでとてもやれる気がしなかったのですね。


ですがもう本当にエネルギーが尽きていたのでそれもそのハズだったのです。

だけど自分も周りも、それが分かっていなかったので、

自分がダメなだけなんじゃないかと、とにかく自分を責めては頑張り、

しかし力は出ないし頭も回らないので更に落ち込み、

そしてエネルギーも益々尽きていく。。そんな感じでした。

まさに負のループですね。

そこまでの状態に陥ってしまっている方。

不安でしょうがなかったり、もう治療を頑張る力も出てこない方。

辛いですよね…。


確かにいきなり全部やろうとするとこうなってしまいます。

無理な時は、まずはエネルギーを正しく貯めていくところからやってみましょう。

栄養を貯めて、少し動けるようになってきたら、

ウォーキングや軽い筋トレや簡単なダンスなどで体を動かしてみてください。

そうしている内に、気持ちも多少変わってくると思います。

hibiki
hibiki

前より少し調子がいいな。

頭の疲れもいつもよりはましかも…?

こんな風に自然に思えるようになってきたら、認知行動療法などの思考を鍛える訓練をしていくといいかと思います。

大事なのはここまでのステップで、焦らないこと。

何も思うように出来ない状態って本当に辛いもので、だからこそ余計に早くよくなりたいと、焦ってしまうんですよね…。。。

周りもどんどん先へ進んでいたりして…、それで更に何で自分は、、とどうしようもない気持ちにもなったりもすると思います。

でもやはり、焦ってなんやかんやと頑張っていた時よりも、急がず(というよりエネルギーが尽きていて急ごうにも何も出来なくなっていたのですが、、)じっくりじっくり元気が出てくるのを待つことが、回復へ繋がったと実感しているので、

どうか焦らず、自分のペースで取り組んでほしいのです。

ここまでに陥っている人は、心の中ではだいたいの人が”自分は本当にダメだ”と、自責の念でいっぱいになってしまっているのではないでしょうか…?

なので敢えて以下のことを、毎日、自分に言い聞かせてあげてください。

  • 自分が悪い訳ではない。
  • もう十分がんばっている。
  • 誰とも比べなくていい。
  • みんな違う人生を生きていて、誰にでもいい時と悪い時がある。
  • 自分のペースで、大丈夫。
  • 生きてるだけで、相当頑張ってる。
  • こんな状況でも生きてる自分は本当にえらい!

こういった考えに、当時は自分はあまりなれなかったのですが、今ふりかえるとこんな風に構えていてもよかったのだろうな~と思ったりしています。

少し肩の力を抜いて、このくらいの感じで行けばいいと思えたら、

ずっとこのままとは限らない、大丈夫かもしれないと思えてきませんか…?


頑張るのは一旦置いておいて。

今はゆっくり休むのが仕事だと思って、

まずは栄養をしっかり貯めていきましょう。

根本的な原因は栄養と聞き、私も最初は疑心暗鬼でしたが、

3か月もした頃から、体が少しずつ軽くなっていき、動くことが苦痛でなくなる感覚を覚え始めました。

動き出せるようになると、料理をしたり、病気になる前までは好きだった運動をしたり、当時もう仕事を辞めてしまっていましたので復職するべくCGの勉強をしていくうちに、

こういったことがもともとは好きだったことを思い出すことができ、

いろんなことにやる気も出てきました。

よさそうな病院は遠いしサプリは高くて買えないという人もいるかと思いますが、

栄養療法の本も出ていますので、そういった本を参考にしたり、

ネットでうつ病と栄養に関する情報を調べて、食事を改善してみてください。

こころの陽だまり うつ病と食事

ケノコト うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

ご自分で作られるのはしんどいかと思いますので、

頼れる人がいる方はお願いしてみてくださいね。

居ない方はなるべく近い栄養素が入っているものをコンビニなどで選ぶといいかと思います。

hibiki
hibiki

焦らず、ゆっくり、ゆっくり貯めていこう。

そしてその治療を始めてから半年程して、以前働いていた業界のエージェントの方の助けもあり、

なんとか復職することが出来ました。


うつ病にかかってからは5年程ものブランクとなりました。

なので、病気は治ったとはいえ、何年もまともに働けなかった人間が、

普通のサラリーマンの生活に戻ることは相当にしんどいものでした。

今ではだいぶ改善されているものの、当時はかなり業界全体がまだまだブラックだったのもあり、余計にハードな復職を選んでいたのかもしれない、と今は思いますが、そこは人生で自分が何をしていきたいか次第かと思います。


復職してからも睡眠障害だけはなかなか治らずたまに薬も必要な時もありましたが、

仕事を続け、今の夫に出会えたこともあり、

今はすっかり、薬は飲まずにサプリで健康面をサポートするだけでよくなりました。

  • とにかく好きなことを全力でやる
  • 全部できなくても当たり前精神で割り切る
  • サプリですり減りやすいエネルギー面の補強
  • 定期的な軽い有酸素運動で血流をよくすると共に脳を鍛える
  • 前より多角的に物事を見るようになり、考え方がだいぶ変わった
  • 何か困難なことや失敗することがあっても、大丈夫と思えるようになった
  • 何かひっかかる、どうしてもうまくいかないと感じ、一旦置いておいたり忘れることも出来ないような時は、認知行動療法を試す

こういったことが、今の自分を支えている土台となっている気がします。

今病気で辛い思いをしている方は、今は大変だと思いますが、

焦らず、ゆっくり、をどうか自分に言い聞かせてあげてください。

ただでさえ、もうエネルギーがないのです。

自分を労りながら、出来るペースで進めてみてください(*^_^*)

hibiki
hibiki

きっとよくなると信じて。急がば回れですね。

認知行動療法を試してみたい方は自分で始められる本があるので一度読んでみるのもいいかもしれません。

こころが晴れるノート うつと不安の認知療法自習帳

マンガでやさしくわかる認知行動療法

今だから思うこと

hibikiの場合はどうやら発達障害・HSP気質が大元の原因となり、働き始めてその二次障害として適応障害・気分循環性障害を発病、輪をかけていじめのような暴言だったり言葉を散々かけられ弱ってしまったことが病気の悪化を後押しした。といった具合だったのかと。把握できたのは治療8年目で廣瀬先生のもとを訪ね、回復してきてからでした。

振り返ると、人生に支障が出そうなポイント(持って生まれたもの)は沢山ありました。

  • 発達障害
  • HSP
  • 天然パーマ
  • 骨太で一見がっしり体系
  • ブス
  • 胴長
  • 顔が大きい
  • 声が低い

まずこういった要素。並べるとまぁ酷いですね(^-^; 

コンプレックスになりそうな要素だらけ。

とは言えこういったか身体的な特徴でいうコンプレックスは、幸運にもそれ程感じずに生きてこれたのですが、、、

病気にかかるまでの人生がまだ絶望的に酷いものではなかったからかもしれません。

運動だったり芸術だったり、いつものめり込んで夢中でやれることがあり、

一緒に頑張ってくれる仲間や友達がいつもいたからです。

(ちなみに今となってはすべて自分で”それが当たり前”になってしまっているというか、コンプレックスと感じることはほとんどありません。どんな自分でも楽しめることが今はもう分かっているからかもしれません。)

ですがそれらを引いても、

自己肯定感を高めずらい、ストレスを受けやすい素質を持って生きてきたということ。

自分がそういう特性を持っているということに、社会人になるまで気づかずに何の対策も持てずに来てしまったことが、治療が長引くひとつの原因となったように思います。

そして二つ目の要因は、こうして根本的な原因が分からないまま間違った治療をひたすら続けてきたことにありました。

  • 発達障害で人よりストレスを受けやすくエネルギーを消耗しやすい
  • 人から言われた暴言含め様々なことで悩みすぎ、常に緊張状態にありエネルギーを消耗していた
  • そのため栄養面が知らないうちにどんどん削られていっていた
  • 栄養失調状態に近くなると人は体臭にも異常が出る
  • フェリチン(鉄)不足によりうつ状態になることがある
  • 栄養不足状態なので体が重く動けないのも納得
  • 動けないから→やりたいことも出来ない→落ち込む→ますますエネルギーを削る
  • 大元の原因は栄養状態により思うように体が動かないことで、そこからうつ状態になっていたということに気づかず
  • 心や頭がおかしいのではないかと、うつ病と診断されたことで思い込んでしまった
  • うつ病にいいとされているご飯を3食しっかり食べたりウォーキングなど軽い有酸素運動をすることをくまなく試したが、根本的な原因を知らないので逆にエネルギーを更に削ることになっていた
  • まずは継続して動ける体を、栄養面で整えるべきだった

治すことに全く向かっていなかったことが今ならハッキリ分かるのに、この時は全く分からずただもがくしかなかったのです。

これは病気に限らずですが、発達障害やHSPなどの特性を持つ場合は特に、

自分にはどういう特性があるのか

特性で負の影響を受けやすい面をどうフォローしていくか

どの特性を武器に伸ばし生きる糧としていくか

自分らしさをどう武器に変え、周囲の人とうまくやり取りしていくか

お金に換えられそうな部分を見つける(金銭的な将来への不安をなるべく取り除く)

自分の体の状態をしっかり把握し(栄養面含め)、状態に合わせて進む

考え方の癖により影響が出ている面はないか

苦しい状態が続いたことにより考え方の癖が出来てしまっていないか

こういったことを積み重ねていく必要があったように思います。

本来は、こういうことを学生で居られるうちに、学んでいけるのがベストなのでしょうが、なかなかそうもいかないこともありますよね。

私はなかなか遠回りをしてしまったな…と思うこともありますが、

hibiki
hibiki

30代で何とかなったのだから上出来だ 

そう思うことにしています。

今は発達障害や様々な特性に関する情報を入手しやすい時代なので、

今の子供達や若い人たちが、今のうちから、適切に自分を解読し、

自己開発を進めていけるといいなぁ、あまり苦しみ過ぎることなく、生きていけるといいなぁと、そんな風に思います。

どうか、メンタル系の病気の治療が長引いている方は、

本当に今の治療法があっているか。考えてみてください。

もう自分で考えるのもしんどい状態であれば、誰か身近な人を頼ってください。

誰もあなたがそのままでいることを望んでません。

少しでも元気に、幸せになってほしいと、願っているはずです。

今見てもらっている病院は、しっかりひとりひとりと向き合ってくれていますか?

いい先生ももちろんいます。

ですが、適当な診断や診察でコロコロ薬を変えられ、実験台のように新しい薬を試され、とにかく頭をぼーっとさせて考える力をなくし、おとなしくさせる。

そういう治療をする先生もいることは事実です。

そんな治療を自分も受けてきたし、周りにも見てきました。

私が診断された当時はこういった病気や病院の情報はそこまで広まってませんでした。

なので何故治らないのか、自分もですが周りも分かりませんでした。

甘えてる、怠けてるだけなんじゃないのか?何しても続かないねと、

辛い言葉を投げられたことも多々ありました。

今でもそういう考えの方も結構いるように思います。

徐々に認知度があがってきているとはいえ、やはり当事者にならないと分からないことというのはあるんですよね…。

ですが、まだどのくらいあるか分からない人生を諦めてしまうのはもったいないです。

自分で正しい道を見つけ出せなかったこと。沢山のひとに迷惑をかけてきたこと。治ってからも、自分を責めはじめて動けなくなりそうになる日が今でもあります。

でも、それでも、あがき続けてなんとか治すことが出来て、しっかりと自分の人生を生きれるようになって、本当によかったと今思うのです。

何かのせいにするでも、自分を責めるでもなく、一歩前に進むためのヒントを受け取る心の準備をし、ひとつずつ、行動に移す。

そんな風に少しずつ、気持ちと行動を変えていけたらいいですね。

簡単なものではありません。

気が遠くなるかもしれません。

そんな時はちょいちょい休憩を入れながら、数年前よりは少し進化したなと、思えたら万々歳です。

どうか、身近にいる本当にあなたのためを思う人の言葉に耳を傾け

また、ネットで助けになるであろう情報を見つけたならトライしてみてください。

どうか。あきらめないでください。

今苦しんでいる少しでも多くの方が、一歩でも前に進めますように。

hibiki
hibiki

本当にしんどい時は本を読む力もないと思いますが、

少し余力のある時にコチラの本がオススメです。

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法

今社会に出て踏ん張っている方や、これから徐々に社会に出ていく、戻る準備をしていこうという方は。

こういった本がこれから歩む上での何か支えになるかもしれません。

人によるとは思いますが、私はこれらの本を読んで、だいぶ心が楽になりました(*´ω`)

hibiki
hibiki

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキング参加中です♪

あなたの1ポチが励みになります(*´ω`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました