スポンサーリンク
病気のこと

私と病気のこと

ひと息コーヒーをオススメするイラスト病気のこと

初めまして、こんにちは。

hibikiです。

当サイト「響 -サインコサイン波ノヒビキ-」に足を運んで下さりありがとうございます(*^-^*)

hibikiは30代♀。

仕事はエンタメ業界でデザイナーをしながら、夫と動物達と暮らしています。

当ブログ管理人の家族のイラスト

hibikiの人生は友人曰く「ジェットコースターのよう」「落ち着きがない」「大変そうだね」まあこんなところだそうです。

確かに、平坦な道とは無縁の人生でした。

といってもまだまだ30代。まだまだこれからなのですが(*ノωノ)

私と病気のこと

  • 適応障害/うつ病/気分循環性障害5年、睡眠障害10年近く。今は完治済みです。
  • 二次障害の元となった発達障害・HSPの特性を理解し、特性のマイナス面はカバーする術を覚え、どうにもならないことはどうにもならないと受け入れ、プラスに繋げられる面を伸ばして今は夫や仲間達そして我が家の動物達と日々を楽しみながら生きています。

最初にうつ病と診断されてから15年程になりました。

今は完治し元気に暮らしているとはいえ、当時を思い出すと今でも苦しくなることがあります。

病気だけでなく、当時、ある指摘を受けたことから対人恐怖ぎみになり、病気に輪をかけて長年苦しんだという経験があります。

それは今となっては、いろんな人との出会いや付き合いの中で、気にしなくていいことだったなと気づき、人生を心から楽しめるようになったので今こうして書ける、ということなのかもしれないですが、

克服していなかったら書くのもつらいような、そんな心境に居た頃がありました…。

なんでそんなこと言われたんだろう・・?

とか思うことって誰にでもあるのかもしれませんが、

中でも明らかにダレモガ言われたら傷つくようなことであるのに、まるでその人を思ってのようなニュアンスで話をされたことって、しかもまだいろんな人生経験の浅い歳の頃に、判断材料があまりない訳で・・自分が悪いのだと思ってしまうことって状況によってあると思うのです。

そんな中で自分が本当に受け入れるべきことなのか、流しておけばいいことなのかを冷静に俯瞰して見極めることって、なかなか難しかったのですよね…。

なんで・・・?とも思いますが、しかし今はそういった経験を自分がしたからこそ、

人に言う言葉はそれ以前よりもずっと慎重に、選ぶようになった気がします。

それは本当にその人のためなのか・・・?

それとも自分本位な思いを晴らしたいだけなのか・・・?とか。

その人には自分には想像できないような人生があって、

自分が思うことなんて実はなんてことないことで、

そんなの関係なく楽しく生きていける人なのかもしれない、とかそんな風にです。

そういったことも含めて、病気を通して、とにかくいろんなことを学びました。

今世の中はその当時よりはメンタルの話題がよく出るようになったのもあり、

会社でそういった話題も普通に話せるようになっているのを感じます。

どこの職場でもそうという訳ではないかもしれませんが、少なくとも自分が今居る会社ではそんな感じです。

きっと以前よりは病院にも通いやすくなっていたり、

通院しながら働いたり、一度辞めて復職したりもしやすくなっているのではと思います。

今も病気で苦しむ方沢山おられるかと思いますが、

的確な治療を受けられ、症状がよくなることを願います。

的確な治療を受けてから、何年も治らなかった病状が徐々に良くなり、復職出来た経験があるからです。

少しでもやさしい世の中にしていきたい

また、当時よりは今は多少こういった病気に対する理解も広まってきているようにも思いますが、しかしまだまだ偏見や間違った認識で溢れている現状をもどかしく思います。

正直なところなった人にしか分からない苦しみはあると思います。

なのである程度はしょうがないことなのですが・・・

だからこそ、思いやりや気持ちを推し量ることって、大切ですよね。

私も病気で何も出来ず苦しい時に、”甘え”だとか”非常識”だとか、はたまた”何をしても続かない”などと言われたりして、もがきながらなんとか進もうとする姿を笑われたこともありますが、

人が辛い時や苦しい時にどういった言葉や態度に出るかというので、人の本性というのは出るものなのかもしれませんね…。

弱っている時にそういう言葉を浴びるのって本当に辛いですよね。。

癌で苦しむ人に酷い言葉を浴びせようとする人は居ないのに、うつ病で死にたいと言う人には甘えだと言う・・・

何故でしょう?

うつ病で亡くなる方がどれだけいるか、、、。

そしてそれが心の弱さなどから来るものではないことを、そろそろ世の中全体的に知ってもいいのではないでしょうか。

病気自体の辛さにプラスでそういった言葉や対応で更に苦しい思いをする人が、少しでも減ることを願います。

しかしそんな中でもいつも心配の声をかけてくれた人や、寄り添ってくれた人、気晴らしに付き合ってくれた人や励ましの声をかけてくれた人たちも沢山居ました。

今思い出しても感謝ですし、そういう人達のおかげで元気になるまでなんとか頑張ってこれたなぁと、今に繋がっているなぁと思うのです。

それから病歴があっても復帰させてくださった職場の方々や応援してくださったエージェントの方にも本当に感謝です。

まっすぐ進むことは出来なかったですが、それでも頑張り続け、気づけば3DCGやエンタメに携わり13年が過ぎていました。

人の言葉や態度が自分の人生を決めるのではありません。

そういった言葉や態度が作るのは”その人自身の姿”です。

気に病まず、自分は自分の人生をどうしていきたいかを考えて、紆余曲折あっても、失敗することがあっても、遠回りしながらでもちょっとずつ、進んでいけたらいいですね。

人の言葉や態度が自分の人生を決める訳ではないと書きつつも、しかしこうも思います。

いい出会いは人を変えたり、いい影響で自分が作られていくことも多々あると…。

私は私にかすかでも希望をくれた人達や、優しさをくれた人達、関わり続けてきてくれた人達を思うと、自分もそうありたいと思い続けてきたところがありますし、ありがとうの気持ちと共に、自分も何か返したい、プラスの影響を何かしら届けられる人でありたいと思う部分もあります。

またイジメに関しても、心が痛むような事件が絶えない現状がありますが、いじめ自体は恐らく無くなることはないのかもしれません…、、ですがだからこそそれぞれ一人ひとりが考えて行かなければいけないことだと思っています。


今いじめなどで辛い思いをしている方、過去のこういった体験を引きずっている方…、自分達は正しい、自分達が世界の中心だと信じて疑わず人を平気で傷つける人達の声に耳を傾けることはないと思います。

というのは、本当のところはそういった言葉を投げたり、あなたはこうだと指摘せずにはいられない人自身に、本当は心の問題が潜んでいることが多かったり、自分が何か自分に対してある不安や不満や満たされない思いを誰かにぶつけることで消化しようとしていたりするだけということが往々にしてあるからなんですね。

海外では、いじめている側をケアするシステムが整っている場合もあるくらいに、本来逃げ場所が必要だったりケアする必要があるのは、いじめてる側の方だったりするのです。

日本では残念ながらそのシステムが成り立っていませんが、恐らくこれまでと昨今の世の中の流れを見ていますと、近いうちに日本もそうなっていくのでは、という風に思う時もあります。

なので、今いじめにあっている人は本当に辛い気持ちかとは思いますが、、

自分に問題があるなんて思い悩みすぎず、のびのびと生きて行って欲しいと願います。

そうは言ってもその輪の中にいる時はそう考えること自体が難しいのも分かります…、、

しかし世の中は自分が思っているより全然広かったりします。

自分がのびのび出来る場所を諦めずに見つけてほしい、そんな風に思います。

hibiki
hibiki

生きるのは本当に大変だ~~~っっ

hibiki
hibiki

だけどそんな自分でも楽しく生きたい♪

楽々生きている人なんて、いるのかな?という気持ちもありますが(^^;)💦

いつもこんな気持ちが自分の中にある気がします。

もちろんその中でも努力が結びつくような幸運やありがたいことも多々あったように思いますが、

やはり振り返るとかなり苦しかった時期が長かったなぁ、、と思います。

こういったことの辛さが分かるからこそ、これからも日々精進しつつ、

同じように苦しんでいる方の力にまでなれずとも、同じような人がいるということが励みになったりするといいなぁと思ったりしています…。

特にもうひとつ今活用させて頂いているnoteやtwitterでは、こういった特性も込みでいろんな方との交流の中で私も励みになったり頑張れているところがあったりします。

持ちつ持たれつで、これからもいろんな人と似たような悩みや思いを共有したり、助け合ったり、励まし合ったりしながら、優しい世界を作るひとりに自分もなりたいという気持ちを持ってこれからも過ごしていけたらなぁと思います。

水やりをするイラスト

hibiki
hibiki

これまでの沢山の経験と共に、とりあえず生きよう。

くらいの気持ちや感覚を忘れずに

(とりあえずと言いつついつも爆走シガチな私ですが💦)。

そして、

hibiki
hibiki

ちいさなしあわせ 育てよう。

をモットーに。

日々を楽しむココロをもって、ブログも楽しく続けていきたいと思います。

今の自分があるのは、いろんな苦しかった経験も含めてのこと。

それらすべてを含めて今の自分であることを忘れずにいきたいと思いますので、

これからもお付き合いのほどよろしくお願い致します(*^^*)

うつ病や精神疾患についてですが、病気や症状は本当に人それぞれで、すべての人に当てはまる確実な治療方法などないと思いますが、

自分の経験を基に、効果があると思われる治療法や生活についての記事を、

うつ病が治らない時に試してほしいこと①~まずは栄養から~

から4回に分けて書いています。よかったら覗いてみてください(*^_^*)

病気のカテゴリーには、病気の症状や治療についても書いています。

しかし私はあくまでこういった病気に罹患したことのある元当事者としての立場から記事を書いています。病気の専門家ではありません。
デザイナー職で生きているのでそこに関しては専門的な知識が多少はありますが、それ以外のことで当ブログに”経験談”を書いたり”こういったことが活きるかもしれない”、と意見を書くことはあれど、個人個人に”治療や専門家として何かアドバイス”したりといったことはできませんのでご了承くださいm(__)m

何度かコメントを頂いたことがありましたが、思いはうれしいのですが、無責任なことはしたくありませんのでご理解頂けますと幸いですm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました